トイレのつまり(横浜市港北区)

  • 神奈川県営水道局
    指定 第2791号
  • 千葉県営水道局
    指定 第1988号
  • 東京都水道局
    指定 第8880号
  • 川崎市水道局
    指定 第1348号
  • 横浜市水道局
    指定 第2604号
  • さいたま市水道局
    指定 第1145号

トイレつまりの修理日誌【神奈川県横浜市港北区】

このページは修理日誌です。

本日7月23日は、横浜市にお住まいのお客様からのご依頼で「トイレつまり」の修理に伺いました。

トイレのつまりは、水道トラブルの中で、最も多いトラブルの一つであると断言できます。

長年、水道修理の仕事をしてきましたが、毎日必ず数件から、多いと10件以上は、修理のご依頼を頂いています。

今回のトラブルも、現在主流の「節水型トイレ」のつまりでした。

節水型トイレがつまり安い理由

写真は修理後のトイレの状態です。

水位が正常な位置まで戻っているのが分かります。

節水型のトイレは、一回の洗浄に使用する水の量が4リットルくらいに抑えられています。

20年ほど前のトイレは10リッター以上の水を使用していましたので、半分以下の水量ということになります。

使用する水の量を少なくした分だけ、洗浄力を補強する必要がありますので、「サイフォンの原理」を利用してトイレを流す仕組みになっています。

ところが、このサイフォンを発生させるためには、便器内の排水口を細くする必要があるのです。

そのため、すこそ多めにトイレットペーパーを流してしまうと、比較的簡単に詰まってしまうのです。

節水型トイレがつまってしまった場合

節水型トイレがつまってしまった場合は、「ラバーカップ」で修理することをオススメします。

ラバーカップとは、写真のような黒いゴムカップです。

金物屋さんやホームセンター、あるいは100円均一のお店などで販売されています。

使い方は簡単で、便器の排水口に押し当て、カップ内を真空状態にして押し引きするだけです。

ほとんどの「紙つまり」は、この器具ひとつで解消させることができるでしょう。

ご自分でやってみたがつまりが抜けない場合は、お気軽にご相談下さい。

見積もり無料にてご対応しております。

当店は水道局指定工事店です

東京都水道局の指定免状

 

当店は、各対応エリアの水道局より指定を受けております

施工事例一覧

> 施工事例トップへ

お問合せはこちら(安心の水道局指定工事店)

お電話でのお問合せはこちら (携帯・PHS OK)

0120-899-299

受付時間:9:00~18:00(土日も営業中)
見積もり:無料(キャンセル料等もかかりません)

アパート・マンションオーナーさま

アパート・マンションオーナー様に向けた法人サービスもございます

  • テナントと直接やりとりしてもらえる?
  • 領収書は会社名でも切れる?
  • 銀行振込みでの後払いは対応している?

ご不明点、お悩みのご相談をお待ちしております。

出張お見積もり無料!出張お見積もり無料!